キャッシングの際に必要な物を調べてみた。

 

消費者金融からお金を借りる時に必要な物とは・・・・・・

金銭的に困ってしまった時に利用するのが消費者金融機関です。

利用したいけど、何が必要なんだろう。。。

誰でも借りれる?など、初めて利用場合、色々と分らない事だらけだと思います。

消費者金融機関で借り入れの時に必要な書類を調べてみました。

借入を検討中の方は、参考にしてみて下さい。

申し込みの際、必ずと必要になってくる書類は身分証明書です。

まず、本人確認が出来る身分証明書がないと契約は不可能です。

必ず、身分証明書の提示を求められます。

基本的に身分証明書とは、

      

運転免許証(裏面に変更などの記載がある場合は裏面も)

パスポート(顔写真・住所のページ)

健康保険証(カードの場合は裏面も)

などがあります。

もし、上記3点の身分証明書を持っていない場合は、住基カード・印鑑証明書・公共料金の領収書などで代用可能な場合もあります。(ほとんどの人が上記3点のうち、1点は持っていると思います)

消費者金融によってどの書類で代用可能かなのかというのは、異なりますので、運転免許証・健康保険証・パスポートなどの身分証明書の用意が難しい場合は消費者金融の会社に確認してみて下さい。

借り入れが50万円を超えると収入証明書が必要!!

契約者本人に返済能力があるのかどうかを判断する為に提示を求められます。

契約時、希望額が50万円を超える場合や、他社にも借り入れがあり合算した総額が100万円を超える場合には必要不可欠です。

総量規制によって決められた決まりになっています。
貸金業者によっては、契約者が自営業であると確定申告書の写しの提示を求められる場合もあります。
収入証明書には以下のものがあります。

●源泉徴収票
●給与明細書

他にも、役所などで発行してもらえる

●課税証明書

●所得証明書

があります。

必要書類の提出方法は、店頭窓口や自動契約機、インターネットなど様々です。

インターネットなら、必要書類を写真に撮って送るだけなので便利です。

以上がキャッシングの際に必要不可欠は物になります。

参考にして頂けましたでしょうか。

消費者金融機関によって違いがあるかも知れません。

他にも気になる事があれば直接会社の方へ問い合わせて見てください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です