消費者金融  支払いが遅れた場合どうなる??

返済日に返済できなかった。。。

もしくは、うっかりしていて返済日が過ぎてしまっていた!!!

なんて事ありませんか???

絶対にそんな事はないと思って消費者金融を利用していても、いつ何があるかなんて誰にもわかりません。。。

申し込み時、こんな事あるなんて思ってもいなかった。

でも、今回返済出来なかった。。。

うっかり忘れてた・・・

どうしよう・・・

どうなるの???

今後借り入れが出来なくなrの?ブラックリストに載っちゃう? 

もしくは、怖い人が取立てにくる???(><)

色々な事を想像してしまい、心配で心配で仕方ないと思います。

そこで、借り入れをしているが、返済日に返済出来なかったらどうなるかを調べてみました。

返済方法して、ATM・銀行振り込み・口座振替・店頭窓口などがあります。返済日は指定された日か35日後など様々です。返済した時のご利用明細書に次の返済日が記載されています。

自動引き落としなら忘れる事もなく問題ありませんが、自ら返済に行く場合、気を付けていないと返済日を忘れると、返済遅れとみなされます。

会社によって異なりますが、ほとんどの消費者金融会社が返済日の翌日に電話をかけてきます。たった1日遅れでも、遅れは遅れです。すぐに電話がかかってきます。

そういう内容の電話がかかってくるのか・・・

会社に電話かかってくるのかな・・・

など不安があると思いますがそこまで心配しなくても大丈夫です。

返済が遅れたからと言って、すぐに会社に電話がいく事はありません。まずは契約者本人の携帯に電話がかかってきて

「ご返済期日にご返済いただけなかった様ですがいかがなさいましたでしょうか。」

といったかんじで電話がかかってきます。

その時、「何日後に返済します」

など、返済日を伝えればそれで電話は終了!!!

怖い人から電話がかかってくるなどイメージしてる方も多いかもしれませんが、以外と普通な感じです。

携帯に出なかったりすると、職場に連絡が行くこともあるみたいなので、電話に出られなかった場合は必ず折り返し電話しましょう。

出来れば、返済が遅れる際には、前もって連絡を入れておいたほうがいいでしょう。

「すいません。返済が送れます。○○日には返済します」

など、きちんと返済する気があるという事を伝えておけば、電話や督促状が届くのを防ぐ事ができます。

また、自ら連絡し、謝罪をする!たったこれだけの事で、信用を失わずに済みます。

ですが、返済が遅れると言う事は、決していい事ではありません。

借りたものは必ず責任をもって返しましょう。

会社によって異なりますが、ほとんどの会社が事前に連絡を入れれば返済を待ってくれます。その際、遅延損害金は必ず発生します。そこは自己責任です。

返済日にお金がなく、返済出来なかった。。。

だから、他の消費者金融からまたお金を借りて、そのお金で返済した。

そう言ったケースをいくつか知っています。

ですが、翌月には返済が2社!!

また返せない!!

だからまた借りる!!

こいった事を続けていけば行くほど、借入金額は増えていきますし、いつかはどこからも融資を受けられなくなってしまします。

そうなる前に、親・親戚に相談したり副業したりなどご自身で翌考えてみてください。

返済が長引けば長引くほど利息で合計支払った金額も大きくなります。

きちんと返済計画を立てた上で融資を受けましょう。

少しは参考になりましたしょうか。

 

消費者金融 今すぐ借りたい!!!

急にお金を要する事になった時、通帳の残高を見てみると・・・

泣。。。。。(><)

足りない・・・                

どうしたらいいんだろう。。。

友達や親に相談しても、「急にそんな大金無理・・・」

って断られた。

でも、今すぐ必要・・・

消費者金融から借りるしかない。

でも借金・・・

借金ってなんだか怖い・・・

それに、そんなにすぐに借りれるの??

借りるしか方法はないんだけど、不安だらけ。。。

こういった方々の力になりたくて、すぐに融資が可能なのかどうか、消費者金融機関を調べてみました。

銀行系のカードローンと、消費者金融を調べてみたんですが、銀行系のカードローンの場合は、金利は消費者金融よりは安いんですが、今年から即日融資ができなくなったみたいです。

その反面、消費者金融機関は会社によっては即日融資可能な会社が多い!!!

キャッシングの申し込みは、スマホから申し込む方法と、自動契約機で申し込む方法があります。

スマホで申し込む場合、会社によって若干の違いはありますが、殆どの会社が平日の14時頃までに申し込みをしておかないと、即日融資するのは難しいみたいです。

なぜなら、スマホで完結する場合は、カードがまだ発行されていないので指定の口座への振込で融資されます。

振込時間の関係上、即日融資希望の場合は平日の14時頃までとなっているみたいです。

自動契約機の場合は、平日の夜や、土・日でもOK!!

但し、自動契約機の営業時間は会社によって違いはありますが、ほとんどの会社が21時迄です。(22時まで営業している会社もあります)

契約時間に1時間くらい要するので20時頃までには申し込む必要があります。

遅くても20時までにスマホで申し込んで、21時までに自動契約機で必要書類を提出しカードを受け取る事が出来れば、即日融資可能になります。

その後は、提携しているコンビニのATMなどでも融資可能です。 

消費者金融からお金を借りる=借金

借金という言葉を聞くと怖くなってしまう方もいるかもしれませんが、金利の上限も法律で規制されていますし、

契約者本人の年収の1/3を超える借り入れが出来ないという決まりがあります。

例えば、、、

契約者本人の年収が300万円なら、借り入れの上限額は100万円です。

いくつもの複数の金融会社などから借入れがある場合は借りている業者すべての合計金額が契約者本人の年収の1/3になります。

無理のある借入は出来ないようになっています。

それと、必要以上の過度な取立てもありません。

禁止されている行為として、以下の物があります。

  • 貼り紙などをして第三者に知らせる。
  • 正当な理由なく早朝や真夜中に訪問、電話などをする。
  • 正当な理由なく勤務先や実家などに訪問、電話などをする。
  • 家族や友人、契約者本人意外に返済を要求する。
  • 契約者本人が弁護士を雇い通知した後も、本人に直接返済の要求をする。

昔とは違って現在は過度な取立てや金利など法律で定められていますので安心して利用出来そうです。

その中でも、まだまだ闇金もありますので、消費者金融を選ぶ場合は注意が必要です。

消費者金融 キャッシングまでの流れ。

初めて消費者金融を利用する場合、どの様な流れで進められていくのか気になるものだと思います。

そこで、申し込みから融資を受けるまでの一連の流れを調べてみました。

会社によって若干の違いはあるものの、基本的な流れは殆どの会社が同じでした。

まず、申し込みの手順ですが、

●店頭受付

●自動契約機

●インターネット

などで申し込みをします。

その後、身分証明書の提示を求められます。

●運転免許証

●健康保険証 

●パスポート

などです。運転免許証があれば確実なんですが、その他の身分証明書提出の場合は、住民票など他の書類の提出を求められる場合もあるみたいです。

会社によって違ってくるみたいなので、事前に確認しておいた方が良さそうです。

また、希望の融資の金額が50万円を超える場合や、他社との借入の合計金額が100万円を超える場合は、収入証明証の提出が必要になります。これは、総量規制により決められています。

収入証明書の種類には、

●源泉徴収票

●確定申告書

●所得証明書

などがあります。

書類が揃ったら、スマホで写真を撮影し、メール添付などで提出可能です。

必要な書類が全て揃えば審査に入ります。

この時、勤務先へ在籍確認の電話がいきます(電話する際は、会社名は名乗らず、個人名で電話します。第三者に内容が漏れる事はありません)

審査が終わると、申込者本人へ連絡がきます。

審査が通っていれば、契約の手続きに入ります(連絡が来た際に手続きについて案内があります)

契約↓

会社のよっては来店不要で全てインタネットで契約終了できる場合もあります。契約書類は画面で確認できます。(書類を受け取りに行ったりする手間が省けます)

契約機で契約をする場合は契約終了後にカードがその場で発行され、契約書類も受け取れます。

融資↓  

来店不要でスマホで全て契約完了した場合は指定の口座へ希望の金額が振り込まれます。カードは後日、自宅へ郵送されます。

自動契約機で契約し、カードを受け取った場合は、その場ですぐに融資可能です。
消費者金融によって営業時間帯は異なりますが、ほとんどの会社が21時や22時までです。

ATMが24時間なので、勝手に契約も24時間出来ると勘違いされている方も多いみたいなので、注意しましょう。

契約時間を短縮させる為に、事前に必要な書類を調べて用意しておいたり、簡易審査などで自分は審査に通るかなど調べておいた方いいでしょう。

最近では、主婦や学生などの、パートやアルバイトの方でも安定して収入があれば審査に通る場合もあります。

主婦専用や女性専用の会社も複数あります。

申し込みに当たって、審査が通るかどうか不安で複数の会社に同時に申し込む方もいるみたいなんですが、消費者金融に申し込みをすると、一定期間は記録が残り、金融機関の間で共有され、審査に不利になるみたいです。

予め、自分にあった会社を調べておいて申し込む方が良さそうです。

キャッシングの際の一連の流れを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

参考にして頂けたら幸いです。

 

消費者金融 気になる在籍確認!!

うわっ!!

ピンチ!!給料日までお金が持たない。。。

そういう時に頼りになるのが消費者金融!!

テレビなどでお馴染みの大手の消費者金融もあれば、小さな消費者金融もあります。

様々ですが、どの金融会社からお金を借りるにしても、特例を除いては職場への在籍確認が必要不可欠です。

その在籍確認!!

申し込み者本人からしてみれば不安だらけだと思います。     

例えば、、、

  • 電話で何を話の??
  • 同僚や上司に金融会社からの在籍確認って知られてしまうの?
  • 在籍確認に失敗すると審査に落ちるの?
  • 在籍確認をしないで済む方法はないの??
  • 役所や子供の学校など嘘をついてもらう事は出来る?
  • 休日なんだけど、会社に行かないと行けないの?

など、色々と気になる事だらけではないでしょうか。

その在籍確認に対する不安を少しでも取り除けたらと思い、どういう風に在籍確認をするかを、消費者金融会社に勤めている友人に聞いてみました。

まずは、本人が会社にいる場合

消費者金融:「○○と申します(個人名)。○○さんいらっしゃいますか?」

会社側:「はい。少しお待ち下さい」           

といって本人に代わる。本人が出た後は、社名を名乗り在籍確認だと言う事を伝えて確認終了!

休みや外出中などにより、本人不在の場合!!

消費者金融:「○○と申します(個人名)。○○さんいらっしゃいますか?」

会社:「本日は休日になっています。」

消費者金融:「わかりました。では携帯電話の方にご連絡してみます」

これで確認終了。

休日=在籍はしているとみなし、後日また電話する事はないみたいです。

消費者金融会社は申込者本人以外には在籍確認と知られないように最大限の配慮をしながら対応するみたいです。

本人が電話口にでた時以外は、社名は名乗らない!!

借入れのことを第三者に知らせる行為は貸金業法で禁じられているので、社名は絶対に名乗らないみたいです。

銀行系の場合は本人が希望すれば名乗る事もあるみたいです。

それでも、会社側は会社に個人名で電話がかかってくる事は珍しい事なので、気づいている社員もいるかもしれません。

車のローンやクレジット契約で在籍確認が来るなど、先手をうっておくのもいいかも知れません。

ほとんどの会社が非通知でかける場合が多いようです。

非通知拒否されている場合は、在籍確認用の固定電話からかけるらしい。

いかなる場合でも、本人以外に用件やキャッシング・借入などの事を知らせる事は絶対にないみたいです。

在籍確認時、子供の学校からだとか役所だとか嘘をついて電話する事は不可能ですが場合によっては内容を濁らせるのが可能な場合もあるらしい。

多少濁らす様な会話は出来たとしても、嘘はNG!!

男性や女性など、性別の指定を出来る会社はあるみたい。

深夜や早朝などといった無理な時間帯を除いてなら、日時の指定もできる所が多い様です。

申込時に嘘の勤務先を伝えたり、他の内容に関してでも嘘があったりすると審査は通りません。

嘘をつく人=信用性がない人

とみなされるようです。それは、まぁ、一般的にも当たり前の事だと思います。

一定期間は記録を残しておくらしく、一度嘘をつくと、今後の審査にも影響があるみたいです。

※消費者金融会社によっては在籍確認をしないですむ場合もあるらしく、その際には、2ヶ月分の給料明細書や社会保険証など、必要な書類があるみたいです。

皆さんが気になる在籍確認についてまとめて結果↓↓

  • 在籍確認時、第3者には、キャッシングなどの要件は話さない。
  • 在籍確認の際は、会社名は名乗らず、個人名で電話をかける。
  • 基本的に電話をかける際、非通知でかけて来ることが多い。
  • 極端な時間帯を除いては日時の指定もできる会社が多い。
  • 希望があれば担当者の性別を指定する事が出来る場合がある。
  • 電話をかける際、学校や役所など嘘をついてもらう事は出来ない。(軽くぼやかす程度なら対応してくれる場合もある)
  • 電話で在籍確認が取れなかった場合、審査に落ちることがある
  • 嘘をついてるのがバレタ場合は審査に落ちる可能性が高い。
  • 会社によっては必要な書類が揃えば在籍確認不要は場合もある。

参考になりましたでしょうか。少しでも不安が取り除けたなら幸いです。

キャッシングの際に必要な物を調べてみた。

 

消費者金融からお金を借りる時に必要な物とは・・・・・・

金銭的に困ってしまった時に利用するのが消費者金融機関です。

利用したいけど、何が必要なんだろう。。。

誰でも借りれる?など、初めて利用場合、色々と分らない事だらけだと思います。

消費者金融機関で借り入れの時に必要な書類を調べてみました。

借入を検討中の方は、参考にしてみて下さい。

申し込みの際、必ずと必要になってくる書類は身分証明書です。

まず、本人確認が出来る身分証明書がないと契約は不可能です。

必ず、身分証明書の提示を求められます。

基本的に身分証明書とは、

      

運転免許証(裏面に変更などの記載がある場合は裏面も)

パスポート(顔写真・住所のページ)

健康保険証(カードの場合は裏面も)

などがあります。

もし、上記3点の身分証明書を持っていない場合は、住基カード・印鑑証明書・公共料金の領収書などで代用可能な場合もあります。(ほとんどの人が上記3点のうち、1点は持っていると思います)

消費者金融によってどの書類で代用可能かなのかというのは、異なりますので、運転免許証・健康保険証・パスポートなどの身分証明書の用意が難しい場合は消費者金融の会社に確認してみて下さい。

借り入れが50万円を超えると収入証明書が必要!!

契約者本人に返済能力があるのかどうかを判断する為に提示を求められます。

契約時、希望額が50万円を超える場合や、他社にも借り入れがあり合算した総額が100万円を超える場合には必要不可欠です。

総量規制によって決められた決まりになっています。
貸金業者によっては、契約者が自営業であると確定申告書の写しの提示を求められる場合もあります。
収入証明書には以下のものがあります。

●源泉徴収票
●給与明細書

他にも、役所などで発行してもらえる

●課税証明書

●所得証明書

があります。

必要書類の提出方法は、店頭窓口や自動契約機、インターネットなど様々です。

インターネットなら、必要書類を写真に撮って送るだけなので便利です。

以上がキャッシングの際に必要不可欠は物になります。

参考にして頂けましたでしょうか。

消費者金融機関によって違いがあるかも知れません。

他にも気になる事があれば直接会社の方へ問い合わせて見てください。

 

 

銀行系・消費者金融系のカードローンについて調べてみた。

冠婚葬祭などが重なり出費が多い。。。

生活費が足りない、または生活費に余裕がほしい。。。

車を買いたいが現金では買えない。

友達・恋人に遊びや旅行に誘われたが、お金に余裕がない。。。

だけど断りづらい。。。

こういう時に利用してしまうのがカードローン!!

ですが、結局はお金を借りるという事になる。

返済はどうやって?金利は?保証人は?

初めて借りる時は不安ばかりだと思います。

テレビCMなどでもよく見るカードローン!

本当に安心なの??

気になる事がたくさん・・・

そこで、ローンについて調べてみました。

ローンには、消費者金融系のカードローンと銀行系カードローン、後は、自動車や住宅ローンなど種類があります。

カードローンと他のローンの違い

カードローンは利する目的が自由です。基本的には、保証人や担保も不要!

ですが、自動車や住宅のローンは使用目的が住宅購入や車の購入という風に限られていて、この時購入する住宅や車が担保になってしまいます。

 

ローンの種類 使用目的 担保・保証人 借入
  カードローン    自由 担保・保証人不要な所が多い 繰り返し利用可能
  自動車・住宅ローン 購入物に限定される 必要   1回

カードローンの限度額は

審査後、10万円や500万円など、契約者の所得や他の債務、これまでのローンの実績などにより決定します。

契約者の所得などにより、上限額が異なります。

カードローンは他のローンに比べて手続きも簡単でスピーディー!!

アコム・プロミスなどテレビCMでもよく見かける大手の会社ならインターネット、電話、窓口などで手続き後、審査が通れば即日融資可能な所が多いです。
<<スポンサードリンク>>




審査にかかる時間や融資までの時間が短いのが特徴です。

急にお金を要する時など、緊急性が高い時には物凄く助かります。

その他に、大手の会社なら、提携している銀行やコンビニのATM、インターネットなどで融資返済が可能です。返済するとき

近くのコンビニで融資・返済が可能なので便利です。 

 

銀行系カードローンの方が、消費者金融系よりも金利が安い!!

   銀行         金利
りそな銀行カードローン  3.5%~12.475%
三井住友銀行カードローン  4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン  2.0%~14.0%
三菱UFJカードローン  1.890%~14.6%
住信SBIネット銀行カードローン  0.990%~14.790%
au自分銀行カードローン  2.1%~17.4%
オリックス銀行カードローン  1.7%~17.8%

 

      消費者金融機関    金利(実質年率)
  アイフル  3.0%~18.0%(30日間無利息)
  アコム  3.0%~18.0%(30日間無利息)
  プロミス  4.5%~17.8%(30日間無利息)
  レイク  4.5%~18.0%(只今60日間無利息キャンペーン)
  SMBCモビット  3.0%~18.0%

金利は金融機関によって様々です。

すぐに返済できる場合は、30日間無利息キャンペーンなどをやっている会社を選ぶのいいかもしれません。

 

カードローンで借入する事に対して不安がある方。

カードローンは自宅にいきなり来たり、金利が高額だったりなど悪質な取り立てなどはありません。

禁止されている取り立て方法としてこういったのがあります↓↓
  • 貼り紙などをして第三者に知らせる。
  • 正当な理由なく早朝や真夜中に訪問、電話などをする。
  • 正当な理由なく勤務先や実家などに訪問、電話などをする。
  • 家族や友人、契約者本人意外に返済を要求する。
  • 契約者本人が弁護士を雇い通知した後も、本人に直接返済の要求をする

金利についても、高額になり過ぎない様に上限金利が法律で決められています。

契約者本人の年収の1/3を超える借り入れが出来ないという決まりがあります。

例えば、、、

契約者本人の年収が300万円なら、借り入れの上限額は100万円です。

いくつもの複数の金融会社などから借入れがある場合は借りている業者すべての合計金額が契約者本人の年収の1/3になります。

その人の借入の情報は、信用情報機関という所に集められていますので、複数業者借り入れがあるなど、合計の借り入れ残高を業者は調べる事ができます。

カードローンは、返済期間が長くなれば長くなる程利息がかさみます。

50万円を超える借入を希望する場合は、源泉徴収や給与証明など、書類が必要な場合があります。

借りたらなるべく早く完済しないと返済総額が大きくなろますのでご注意ください。

初めてカードローンを利用するに当たり、過度に不安や心配する必要はなさそうです。

誰かからお金を借りるっていうと、不安で怖くなったりもするかも知れませんが、法律にのっとって営業しているので安心できます。

だからと言って過度な借り過ぎには注意しましょう。

返済するだけで大変な事になりかねません。

必要な分だけ借りて、返せる時にはすぐ返す様にしていれば、安心して利用できそうです。

<<スポンサードリンク>>



テレビでもお馴染みの大手消費者金融機関の金利を調べてみた。

ある日突然、こういう経験した事ありませんか?

ふと、通帳の残高を見てみると、、、

え?残りこれだけ?

あ~ヤバイ!!
今月お金使いすぎたな~・・・

冠婚葬祭もあったし、友人の出産祝いもあった。。。

今月は何かと出費が多かったな・・・

ってか、

え???

給料日まで後何日?!

うわっ!!後10日以上もある・・・              

この残高じゃ、食費くらいしかないじゃん・・・

子供の学校に払うお金もあるし、塾代・・・

うわぁ・・・!!
光熱費の支払いもまだだった・・・
どうしよう。。。

全然足りない・・・
親にも友達にも貸してとは言えないし。。。

どうしよう・・・
どうしよう・・・
まじでどうしよう・・・

やばい・・・

どう考えてもお手上げだ。。。

こういった経験をしている方って、意外と多いんじゃないでしょうか・・・

そんな時、どうしますか??

昔とは違って、今はスマホの時代!

物凄く便利です!!

いつでも、どこでも、どんな時でも何でも簡単に調べられる。

助けてくれる所、お金を貸してくれる所を探す人が多いんじゃないでしょうか。

そのスマホで消費者金融を調べる方も多いと思います。

そこで、少しでも役に立てればと思い、よく見かける消費者金融を調べてみました。

テレビなどでも、よく見かける大手の消費者金融!↓

●プロミス         

●アコム

●アイフル

●レイク

●SMBCモビット

必ず1度は見た事、聞いた事がある社名だと思います。

同じ消費者金融でも、多少は違いがあります。

例えば、

●審査に必要な書類

●担保、保証人(現在は不要なところが殆ど)

●金利・利息

●上限額

●契約から融資までの時間

●在籍確認の仕方

●審査が通りやすいかどうか

消費者金融によって違いはありますが、審査の基準はいくつかあるみたいです。

その中の一部として、

●他の金融会社から借り入れがないかどうか。

●滞納した事がないかどうか。

●仕事をしているかどうか。

●勤続何年か。

●配偶者に借入がないか。

上記の様な事が調べられるみたいです。他にも審査の基準はたくさんあると思います。

条件を満たしていれば融資可能です。

今すぐお金が必要の時、出来るだけ早く貸してほしい時。融資までの時間が気になりますよね。

融資までにかかる時間↓↓

    審査時間   融資までのスピード    保証人・担保
   アイフル     最短30分     最短1時間     不要
   アコム     最短30分     最短1時間     不要
   プロミス     最短30分     最短1時間     不要
   レイク     最短30分     最短1時間も可能     不要
   SMBCモビット    10秒簡易審査     最短即日     不要

ほとんどの消費者金融が審査の基準かえ満たしていればその日で融資可能です。

ですが、もちろん、金融会社もボランティアではないので、返せる能力がない人には貸したりしません。

融資してくれる金額も人それぞれです。

5万円しか貸してもらえない人もいれば、最大上限額貸してもらえる人もいる。

その人の返済能力を考慮した上で決定するみたいです。

借りた金額によって月々の返済金額が異なります。

それプラス利息ですね。

30日間無利息キャンペーンをやっている所もあります。

やっぱり、お金を借りるにあたって気になるのは金利・利息です。

利息が高いと、返しても返してもなかなか減らない・・・

なんて事になりかねない。

出来るだけ金利が安い所がいい。

そう思うのは誰だって当たり前の事。

でも、金利が安ければ安い程、審査が難しいらしい。

金利とは・・・?

借りたお金を返す時に支払う利息の割合の事を金利といいます。金利は%で表示されます。

例えば、消費者金融を検索していると、

金利3.5~18%

などの表示があります。

ここでいう金利とはなんなんでしょうか。。。

基本的に金利は年率です。

お金を借りると、借り入れた金額にプラス利息を払わないといけないという事はご存知ですよね?
簡単にいえば、レンタルショップなどで利用したときに支払うレンタル料の様なものです。

例えば、金利17%だとしたら、借りた金額に対して17%の利息を支払う必要があるという事になります。

 

金利17%で100万円を借りた場合、1年後に支払う利息がこうなります。

100万円×17%=17万円

17万円を利息として支払わなければならないという事になります。

なので、1年後に完済した際には、

元金(借りた金額)+利息(17万)という事になり、トータル117万円払ったという事になります。

これはあくまでも、1年間で完済した場合の話しなので、返済期間が長くなれば長くなるほど増えていきます。

大手消費者金融機関の金利を比べてみました。

 

   消費者金融    金利(実質年率)    限度額
  アイフル 3.0%~18.0%(30日間無利息)    最大800万円
  アコム 3.0%~18.0%(30日間無利息)    最大800万円
  プロミス 4.5%~17.8%(30日間無利息)    最大500万円
  レイク 4.5%~18.0%(只今60日間無利息キャンペーン)    最大500万円
  SMBCモビット 3.0%~18.0%    最大800万円

金利は消費者金融によって様々です。

初回融資日から30日~60日の間、利息ゼロのキャンペーンをやっている所もあります。

限度額も様々。

契約者本人の返済能力によって上限が決定されます。

安定した収入があれば、学生、主婦(パート・アルバイト)などでも融資可能なところも今では多いです。

だからと言って安易に借りたりするのは危険です。

ギャンブルで使ってお金がなくなった・・・

遊ぶ金ほしさに借りた・・・

誰かに貢いだ・・・

などの理由で借りる人も多いみたいです。

最近ではカードさえあれば24時間いつでもコンビニでも融資可能になってます。

簡単に借りれてしまうので、ついつい・・・

なんて事もあるかも知れません。

本当に困った時に利用してください。

もし、融資を希望するのであれば、計画的に借りましょう。

融資金額が膨れ上がった。

返済できないから、他社でも契約して返済金を新たに借りる。

そういった人達を、何人も見てきてます。                 

人生狂わせない為にも、

ご利用は計画的に!!!

<<スポンサードリンク>>