女性専用キャッシング 主婦でもOK!!

今月旦那の給料が少なかった。。。

子供が体調崩して、病院代も結構使ったし。。。

ママ友の誘い断りづらくて交際費も結構使っちゃった~(><)

どうしようかな。

ちょっと生活費足りないかも。。。

こんな事旦那には言えないし、もちろん親にも言えない・・・

消費者金融から借りるしかない・・・

でも、主婦でも借りれるところてあるの??

パートでも借りれるのかな・・・

収入少ないけど大丈夫?       

旦那にバレたりしない?

主婦の方がキャッシングの利用を検討している時って、こういう不安を抱く方が多いと思います。

やっぱり旦那にバレないかどうかという不安が一番大きい様です。

お金を借りると言っても、銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンの2種類ありました。

この2種類、どういった違いがあるのかを調べてみました。

●銀行カードローン
銀行系のカードローンの特徴としては、まず、消費者金融に比べて金利が低いという事です。また身近にある銀行から借りれるという事で安心感もあります。

地方銀行も地域に密着しているので、口座をすでにお持ちであれば申し込みもしやすい様です。銀行カードローンの中には専業主婦も申し込めるカードローンがあります。

●消費者金融
消費者金融の最大のメリットといえば、銀行系のカードローンに比べると金利は少し高めですが、ほとんどの会社が即日融資可能になっています。

会社によっては〇〇日間無利息などのキャンペーンをやっている会社もありまので、少ない金額の融資希望ですぐに返済出来るめどがついている場合などはお得です。

銀行系のカードローンよりも審査が甘いという事もあり、利用者は多いようです。コンビニのATMでも利用出来ますので便利です。但しコンビニATMの場合は手数料がかかります。申し込みをした消費者金融のATMを利用すると手数料もかかりませんので、お近くにある場合は専用のATMを利用する事をオススメします。

パート・アルバイトなどで安定した収入があれば主婦でもOK!!

※但し、専業主婦の場合でも、夫にな内緒で申し込み可能な消費者金融もありますので、相談して見て下さい。

そこで、今回、主婦の方でもキャッシングを利用する事ができるのかどうか調べてみました。

パートやアルバイトでも安定した収入があれば主婦でも借りられる消費者金融がいくつかありました。

●プロミスレディース

●アコムレディース

●アイフル(SULALI)

●レイクレディースLSA(アルサ)

他にも色々あるかもしれませんが、とりあえずよく耳にする大手の消費者金融を調べてみました。

もちろん会社によって条件などは様々ですが、パートやアルバイトなどで収入が少ない主婦でも融資を受けられるみたいです。

●プロミスレディース

プロミスレディースは女性専用のフリーダイヤルがあり、男性のスタッフだと緊張するし恥ずかしなどという不安がある方にも安心です。女性スタッフガ全て対応してくれます。

お金を借りるとなると不安も多いかと思いますが、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友銀行グループで安心できる消費者金融です。

急な出費があり、すぐにお金が必要になった時でも、プロミスレディースなら審査は最短30分、最短1時間で即日融資も可能。

初めて利用した方を対象に30日間無利息キャンペーンもやっているので、すぐに返済出来るという方にはお得です。

また、担保・保証人不要のカードローンとなっており、利用限度額内であれば何度でも繰り返し利用可能!

パートやアルバイトなどでも、安定した収入があれば申し込み可能!!

●アコムレディース

女性スタッフが対応してくれます。男性スタッフと会話するのが苦手な方でも安心です。女性同士なので相談などもしやすいそうです。即日融資可能。

アコムレディースの最大の特徴は、クレジットカードのカードローン昨日を付帯する事が出来るという事です。

同じ大手の消費者金融でも、プロミス、アイフルはクレジットカード自体の取扱いがないので、アコムの最大の特徴だと言えると思います。

クレジットカードにカードローン機能を付帯することのメリットは、

クレジットカードに付帯することにより、コンビニなどで利用釣る時、ただのクレジットカードにしか見えない為、周囲の目を気にする事なく利用できます。隠さず、堂々とお財布に暇得るカードです。クレジットカードとしても利用出来るため、財布やカードケースに入れるカードの枚数を最小限に抑える事ができます。

●アイフル(SULALI)

アイフルのレディースローンは、借入限度額に応じて適用金利が変わる消費者金融が多い中、アイフルのレディースローンは金利が一律18.0%と決められています。

その代わり、限度額も最高で10万円と低い設定になっています。最高10万円なので、借りすぎてしまう心配もありません。

生活費が多少不足していたり、少しお金を借りたい場合には最適です。審査や融資も即日対応可能。
カードのデザインも可愛く、女性が好む2種類の可愛いデザインの中から選択できます。

但し、やはり最高10万円までの利用になるので、大きな金額の融資希望の方には不向きです。

●レイクレディースALSA(アルサ)

レイクレディースの最大の特徴は、借入総額5万円までなら、最大180日間無利息で借入可能です。5万円以上の借入をご希望なら、30日間無利息のサービスがあります。選べる2種類の無利息サービスが特徴です。

無人契約機が24時まで営業しています。

対応は女性スタッフが対応可能。

レイクは、インターネットから申し込みをして、申し込みから借り入れまで全てWEB上で完了させる来店不要のWEB契約があります。

WEB契約の場合は後日自宅にカードが郵送されてくるので、その点だけ注意!!

キャッシングを誰にもバレたくない場合は女性オペレーターにまずはご相談してみてください。無人契約機でのカード発行など、申込者にあった方法を提案してくれるみたいです。

カード発行後は、レイクのATMや提携ATMで手数料無料で利用可能です。

以上、大手の消費者金融を比べてみると、女性スタッフが対応してくれるところが殆どで、男性が苦手な方でも安心して利用出来そうです。

大きな違いがあるわけではありませんが、会社によって特徴があります。

お金を借りるという事にやはり抵抗があるかと思います。

借りすぎに注意し、計画的に返済していけば安心して利用出来そうです。

自分にあった消費者金融を探してみてください。

消費者金融  支払いが遅れた場合どうなる??

返済日に返済できなかった。。。

もしくは、うっかりしていて返済日が過ぎてしまっていた!!!

なんて事ありませんか???

絶対にそんな事はないと思って消費者金融を利用していても、いつ何があるかなんて誰にもわかりません。。。

申し込み時、こんな事あるなんて思ってもいなかった。

でも、今回返済出来なかった。。。

うっかり忘れてた・・・

どうしよう・・・

どうなるの???

今後借り入れが出来なくなrの?ブラックリストに載っちゃう? 

もしくは、怖い人が取立てにくる???(><)

色々な事を想像してしまい、心配で心配で仕方ないと思います。

そこで、借り入れをしているが、返済日に返済出来なかったらどうなるかを調べてみました。

返済方法して、ATM・銀行振り込み・口座振替・店頭窓口などがあります。返済日は指定された日か35日後など様々です。返済した時のご利用明細書に次の返済日が記載されています。

自動引き落としなら忘れる事もなく問題ありませんが、自ら返済に行く場合、気を付けていないと返済日を忘れると、返済遅れとみなされます。

会社によって異なりますが、ほとんどの消費者金融会社が返済日の翌日に電話をかけてきます。たった1日遅れでも、遅れは遅れです。すぐに電話がかかってきます。

そういう内容の電話がかかってくるのか・・・

会社に電話かかってくるのかな・・・

など不安があると思いますがそこまで心配しなくても大丈夫です。

返済が遅れたからと言って、すぐに会社に電話がいく事はありません。まずは契約者本人の携帯に電話がかかってきて

「ご返済期日にご返済いただけなかった様ですがいかがなさいましたでしょうか。」

といったかんじで電話がかかってきます。

その時、「何日後に返済します」

など、返済日を伝えればそれで電話は終了!!!

怖い人から電話がかかってくるなどイメージしてる方も多いかもしれませんが、以外と普通な感じです。

携帯に出なかったりすると、職場に連絡が行くこともあるみたいなので、電話に出られなかった場合は必ず折り返し電話しましょう。

出来れば、返済が遅れる際には、前もって連絡を入れておいたほうがいいでしょう。

「すいません。返済が送れます。○○日には返済します」

など、きちんと返済する気があるという事を伝えておけば、電話や督促状が届くのを防ぐ事ができます。

また、自ら連絡し、謝罪をする!たったこれだけの事で、信用を失わずに済みます。

ですが、返済が遅れると言う事は、決していい事ではありません。

借りたものは必ず責任をもって返しましょう。

会社によって異なりますが、ほとんどの会社が事前に連絡を入れれば返済を待ってくれます。その際、遅延損害金は必ず発生します。そこは自己責任です。

返済日にお金がなく、返済出来なかった。。。

だから、他の消費者金融からまたお金を借りて、そのお金で返済した。

そう言ったケースをいくつか知っています。

ですが、翌月には返済が2社!!

また返せない!!

だからまた借りる!!

こいった事を続けていけば行くほど、借入金額は増えていきますし、いつかはどこからも融資を受けられなくなってしまします。

そうなる前に、親・親戚に相談したり副業したりなどご自身で翌考えてみてください。

返済が長引けば長引くほど利息で合計支払った金額も大きくなります。

きちんと返済計画を立てた上で融資を受けましょう。

少しは参考になりましたしょうか。

 

消費者金融 今すぐ借りたい!!!

急にお金を要する事になった時、通帳の残高を見てみると・・・

泣。。。。。(><)

足りない・・・                

どうしたらいいんだろう。。。

友達や親に相談しても、「急にそんな大金無理・・・」

って断られた。

でも、今すぐ必要・・・

消費者金融から借りるしかない。

でも借金・・・

借金ってなんだか怖い・・・

それに、そんなにすぐに借りれるの??

借りるしか方法はないんだけど、不安だらけ。。。

こういった方々の力になりたくて、すぐに融資が可能なのかどうか、消費者金融機関を調べてみました。

銀行系のカードローンと、消費者金融を調べてみたんですが、銀行系のカードローンの場合は、金利は消費者金融よりは安いんですが、今年から即日融資ができなくなったみたいです。

その反面、消費者金融機関は会社によっては即日融資可能な会社が多い!!!

キャッシングの申し込みは、スマホから申し込む方法と、自動契約機で申し込む方法があります。

スマホで申し込む場合、会社によって若干の違いはありますが、殆どの会社が平日の14時頃までに申し込みをしておかないと、即日融資するのは難しいみたいです。

なぜなら、スマホで完結する場合は、カードがまだ発行されていないので指定の口座への振込で融資されます。

振込時間の関係上、即日融資希望の場合は平日の14時頃までとなっているみたいです。

自動契約機の場合は、平日の夜や、土・日でもOK!!

但し、自動契約機の営業時間は会社によって違いはありますが、ほとんどの会社が21時迄です。(22時まで営業している会社もあります)

契約時間に1時間くらい要するので20時頃までには申し込む必要があります。

遅くても20時までにスマホで申し込んで、21時までに自動契約機で必要書類を提出しカードを受け取る事が出来れば、即日融資可能になります。

その後は、提携しているコンビニのATMなどでも融資可能です。 

消費者金融からお金を借りる=借金

借金という言葉を聞くと怖くなってしまう方もいるかもしれませんが、金利の上限も法律で規制されていますし、

契約者本人の年収の1/3を超える借り入れが出来ないという決まりがあります。

例えば、、、

契約者本人の年収が300万円なら、借り入れの上限額は100万円です。

いくつもの複数の金融会社などから借入れがある場合は借りている業者すべての合計金額が契約者本人の年収の1/3になります。

無理のある借入は出来ないようになっています。

それと、必要以上の過度な取立てもありません。

禁止されている行為として、以下の物があります。

  • 貼り紙などをして第三者に知らせる。
  • 正当な理由なく早朝や真夜中に訪問、電話などをする。
  • 正当な理由なく勤務先や実家などに訪問、電話などをする。
  • 家族や友人、契約者本人意外に返済を要求する。
  • 契約者本人が弁護士を雇い通知した後も、本人に直接返済の要求をする。

昔とは違って現在は過度な取立てや金利など法律で定められていますので安心して利用出来そうです。

その中でも、まだまだ闇金もありますので、消費者金融を選ぶ場合は注意が必要です。

消費者金融 キャッシングまでの流れ。

初めて消費者金融を利用する場合、どの様な流れで進められていくのか気になるものだと思います。

そこで、申し込みから融資を受けるまでの一連の流れを調べてみました。

会社によって若干の違いはあるものの、基本的な流れは殆どの会社が同じでした。

まず、申し込みの手順ですが、

●店頭受付

●自動契約機

●インターネット

などで申し込みをします。

その後、身分証明書の提示を求められます。

●運転免許証

●健康保険証 

●パスポート

などです。運転免許証があれば確実なんですが、その他の身分証明書提出の場合は、住民票など他の書類の提出を求められる場合もあるみたいです。

会社によって違ってくるみたいなので、事前に確認しておいた方が良さそうです。

また、希望の融資の金額が50万円を超える場合や、他社との借入の合計金額が100万円を超える場合は、収入証明証の提出が必要になります。これは、総量規制により決められています。

収入証明書の種類には、

●源泉徴収票

●確定申告書

●所得証明書

などがあります。

書類が揃ったら、スマホで写真を撮影し、メール添付などで提出可能です。

必要な書類が全て揃えば審査に入ります。

この時、勤務先へ在籍確認の電話がいきます(電話する際は、会社名は名乗らず、個人名で電話します。第三者に内容が漏れる事はありません)

審査が終わると、申込者本人へ連絡がきます。

審査が通っていれば、契約の手続きに入ります(連絡が来た際に手続きについて案内があります)

契約↓

会社のよっては来店不要で全てインタネットで契約終了できる場合もあります。契約書類は画面で確認できます。(書類を受け取りに行ったりする手間が省けます)

契約機で契約をする場合は契約終了後にカードがその場で発行され、契約書類も受け取れます。

融資↓  

来店不要でスマホで全て契約完了した場合は指定の口座へ希望の金額が振り込まれます。カードは後日、自宅へ郵送されます。

自動契約機で契約し、カードを受け取った場合は、その場ですぐに融資可能です。
消費者金融によって営業時間帯は異なりますが、ほとんどの会社が21時や22時までです。

ATMが24時間なので、勝手に契約も24時間出来ると勘違いされている方も多いみたいなので、注意しましょう。

契約時間を短縮させる為に、事前に必要な書類を調べて用意しておいたり、簡易審査などで自分は審査に通るかなど調べておいた方いいでしょう。

最近では、主婦や学生などの、パートやアルバイトの方でも安定して収入があれば審査に通る場合もあります。

主婦専用や女性専用の会社も複数あります。

申し込みに当たって、審査が通るかどうか不安で複数の会社に同時に申し込む方もいるみたいなんですが、消費者金融に申し込みをすると、一定期間は記録が残り、金融機関の間で共有され、審査に不利になるみたいです。

予め、自分にあった会社を調べておいて申し込む方が良さそうです。

キャッシングの際の一連の流れを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

参考にして頂けたら幸いです。

 

消費者金融 気になる在籍確認!!

うわっ!!

ピンチ!!給料日までお金が持たない。。。

そういう時に頼りになるのが消費者金融!!

テレビなどでお馴染みの大手の消費者金融もあれば、小さな消費者金融もあります。

様々ですが、どの金融会社からお金を借りるにしても、特例を除いては職場への在籍確認が必要不可欠です。

その在籍確認!!

申し込み者本人からしてみれば不安だらけだと思います。     

例えば、、、

  • 電話で何を話の??
  • 同僚や上司に金融会社からの在籍確認って知られてしまうの?
  • 在籍確認に失敗すると審査に落ちるの?
  • 在籍確認をしないで済む方法はないの??
  • 役所や子供の学校など嘘をついてもらう事は出来る?
  • 休日なんだけど、会社に行かないと行けないの?

など、色々と気になる事だらけではないでしょうか。

その在籍確認に対する不安を少しでも取り除けたらと思い、どういう風に在籍確認をするかを、消費者金融会社に勤めている友人に聞いてみました。

まずは、本人が会社にいる場合

消費者金融:「○○と申します(個人名)。○○さんいらっしゃいますか?」

会社側:「はい。少しお待ち下さい」           

といって本人に代わる。本人が出た後は、社名を名乗り在籍確認だと言う事を伝えて確認終了!

休みや外出中などにより、本人不在の場合!!

消費者金融:「○○と申します(個人名)。○○さんいらっしゃいますか?」

会社:「本日は休日になっています。」

消費者金融:「わかりました。では携帯電話の方にご連絡してみます」

これで確認終了。

休日=在籍はしているとみなし、後日また電話する事はないみたいです。

消費者金融会社は申込者本人以外には在籍確認と知られないように最大限の配慮をしながら対応するみたいです。

本人が電話口にでた時以外は、社名は名乗らない!!

借入れのことを第三者に知らせる行為は貸金業法で禁じられているので、社名は絶対に名乗らないみたいです。

銀行系の場合は本人が希望すれば名乗る事もあるみたいです。

それでも、会社側は会社に個人名で電話がかかってくる事は珍しい事なので、気づいている社員もいるかもしれません。

車のローンやクレジット契約で在籍確認が来るなど、先手をうっておくのもいいかも知れません。

ほとんどの会社が非通知でかける場合が多いようです。

非通知拒否されている場合は、在籍確認用の固定電話からかけるらしい。

いかなる場合でも、本人以外に用件やキャッシング・借入などの事を知らせる事は絶対にないみたいです。

在籍確認時、子供の学校からだとか役所だとか嘘をついて電話する事は不可能ですが場合によっては内容を濁らせるのが可能な場合もあるらしい。

多少濁らす様な会話は出来たとしても、嘘はNG!!

男性や女性など、性別の指定を出来る会社はあるみたい。

深夜や早朝などといった無理な時間帯を除いてなら、日時の指定もできる所が多い様です。

申込時に嘘の勤務先を伝えたり、他の内容に関してでも嘘があったりすると審査は通りません。

嘘をつく人=信用性がない人

とみなされるようです。それは、まぁ、一般的にも当たり前の事だと思います。

一定期間は記録を残しておくらしく、一度嘘をつくと、今後の審査にも影響があるみたいです。

※消費者金融会社によっては在籍確認をしないですむ場合もあるらしく、その際には、2ヶ月分の給料明細書や社会保険証など、必要な書類があるみたいです。

皆さんが気になる在籍確認についてまとめて結果↓↓

  • 在籍確認時、第3者には、キャッシングなどの要件は話さない。
  • 在籍確認の際は、会社名は名乗らず、個人名で電話をかける。
  • 基本的に電話をかける際、非通知でかけて来ることが多い。
  • 極端な時間帯を除いては日時の指定もできる会社が多い。
  • 希望があれば担当者の性別を指定する事が出来る場合がある。
  • 電話をかける際、学校や役所など嘘をついてもらう事は出来ない。(軽くぼやかす程度なら対応してくれる場合もある)
  • 電話で在籍確認が取れなかった場合、審査に落ちることがある
  • 嘘をついてるのがバレタ場合は審査に落ちる可能性が高い。
  • 会社によっては必要な書類が揃えば在籍確認不要は場合もある。

参考になりましたでしょうか。少しでも不安が取り除けたなら幸いです。

キャッシングの際に必要な物を調べてみた。

 

消費者金融からお金を借りる時に必要な物とは・・・・・・

金銭的に困ってしまった時に利用するのが消費者金融機関です。

利用したいけど、何が必要なんだろう。。。

誰でも借りれる?など、初めて利用場合、色々と分らない事だらけだと思います。

消費者金融機関で借り入れの時に必要な書類を調べてみました。

借入を検討中の方は、参考にしてみて下さい。

申し込みの際、必ずと必要になってくる書類は身分証明書です。

まず、本人確認が出来る身分証明書がないと契約は不可能です。

必ず、身分証明書の提示を求められます。

基本的に身分証明書とは、

      

運転免許証(裏面に変更などの記載がある場合は裏面も)

パスポート(顔写真・住所のページ)

健康保険証(カードの場合は裏面も)

などがあります。

もし、上記3点の身分証明書を持っていない場合は、住基カード・印鑑証明書・公共料金の領収書などで代用可能な場合もあります。(ほとんどの人が上記3点のうち、1点は持っていると思います)

消費者金融によってどの書類で代用可能かなのかというのは、異なりますので、運転免許証・健康保険証・パスポートなどの身分証明書の用意が難しい場合は消費者金融の会社に確認してみて下さい。

借り入れが50万円を超えると収入証明書が必要!!

契約者本人に返済能力があるのかどうかを判断する為に提示を求められます。

契約時、希望額が50万円を超える場合や、他社にも借り入れがあり合算した総額が100万円を超える場合には必要不可欠です。

総量規制によって決められた決まりになっています。
貸金業者によっては、契約者が自営業であると確定申告書の写しの提示を求められる場合もあります。
収入証明書には以下のものがあります。

●源泉徴収票
●給与明細書

他にも、役所などで発行してもらえる

●課税証明書

●所得証明書

があります。

必要書類の提出方法は、店頭窓口や自動契約機、インターネットなど様々です。

インターネットなら、必要書類を写真に撮って送るだけなので便利です。

以上がキャッシングの際に必要不可欠は物になります。

参考にして頂けましたでしょうか。

消費者金融機関によって違いがあるかも知れません。

他にも気になる事があれば直接会社の方へ問い合わせて見てください。

 

 

銀行系・消費者金融系のカードローンについて調べてみた。

冠婚葬祭などが重なり出費が多い。。。

生活費が足りない、または生活費に余裕がほしい。。。

車を買いたいが現金では買えない。

友達・恋人に遊びや旅行に誘われたが、お金に余裕がない。。。

だけど断りづらい。。。

こういう時に利用してしまうのがカードローン!!

ですが、結局はお金を借りるという事になる。

返済はどうやって?金利は?保証人は?

初めて借りる時は不安ばかりだと思います。

テレビCMなどでもよく見るカードローン!

本当に安心なの??

気になる事がたくさん・・・

そこで、ローンについて調べてみました。

ローンには、消費者金融系のカードローンと銀行系カードローン、後は、自動車や住宅ローンなど種類があります。

カードローンと他のローンの違い

カードローンは利する目的が自由です。基本的には、保証人や担保も不要!

ですが、自動車や住宅のローンは使用目的が住宅購入や車の購入という風に限られていて、この時購入する住宅や車が担保になってしまいます。

 

ローンの種類 使用目的 担保・保証人 借入
  カードローン    自由 担保・保証人不要な所が多い 繰り返し利用可能
  自動車・住宅ローン 購入物に限定される 必要   1回

カードローンの限度額は

審査後、10万円や500万円など、契約者の所得や他の債務、これまでのローンの実績などにより決定します。

契約者の所得などにより、上限額が異なります。

カードローンは他のローンに比べて手続きも簡単でスピーディー!!

アコム・プロミスなどテレビCMでもよく見かける大手の会社ならインターネット、電話、窓口などで手続き後、審査が通れば即日融資可能な所が多いです。
<<スポンサードリンク>>




審査にかかる時間や融資までの時間が短いのが特徴です。

急にお金を要する時など、緊急性が高い時には物凄く助かります。

その他に、大手の会社なら、提携している銀行やコンビニのATM、インターネットなどで融資返済が可能です。返済するとき

近くのコンビニで融資・返済が可能なので便利です。 

 

銀行系カードローンの方が、消費者金融系よりも金利が安い!!

   銀行         金利
りそな銀行カードローン  3.5%~12.475%
三井住友銀行カードローン  4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン  2.0%~14.0%
三菱UFJカードローン  1.890%~14.6%
住信SBIネット銀行カードローン  0.990%~14.790%
au自分銀行カードローン  2.1%~17.4%
オリックス銀行カードローン  1.7%~17.8%

 

      消費者金融機関    金利(実質年率)
  アイフル  3.0%~18.0%(30日間無利息)
  アコム  3.0%~18.0%(30日間無利息)
  プロミス  4.5%~17.8%(30日間無利息)
  レイク  4.5%~18.0%(只今60日間無利息キャンペーン)
  SMBCモビット  3.0%~18.0%

金利は金融機関によって様々です。

すぐに返済できる場合は、30日間無利息キャンペーンなどをやっている会社を選ぶのいいかもしれません。

 

カードローンで借入する事に対して不安がある方。

カードローンは自宅にいきなり来たり、金利が高額だったりなど悪質な取り立てなどはありません。

禁止されている取り立て方法としてこういったのがあります↓↓
  • 貼り紙などをして第三者に知らせる。
  • 正当な理由なく早朝や真夜中に訪問、電話などをする。
  • 正当な理由なく勤務先や実家などに訪問、電話などをする。
  • 家族や友人、契約者本人意外に返済を要求する。
  • 契約者本人が弁護士を雇い通知した後も、本人に直接返済の要求をする

金利についても、高額になり過ぎない様に上限金利が法律で決められています。

契約者本人の年収の1/3を超える借り入れが出来ないという決まりがあります。

例えば、、、

契約者本人の年収が300万円なら、借り入れの上限額は100万円です。

いくつもの複数の金融会社などから借入れがある場合は借りている業者すべての合計金額が契約者本人の年収の1/3になります。

その人の借入の情報は、信用情報機関という所に集められていますので、複数業者借り入れがあるなど、合計の借り入れ残高を業者は調べる事ができます。

カードローンは、返済期間が長くなれば長くなる程利息がかさみます。

50万円を超える借入を希望する場合は、源泉徴収や給与証明など、書類が必要な場合があります。

借りたらなるべく早く完済しないと返済総額が大きくなろますのでご注意ください。

初めてカードローンを利用するに当たり、過度に不安や心配する必要はなさそうです。

誰かからお金を借りるっていうと、不安で怖くなったりもするかも知れませんが、法律にのっとって営業しているので安心できます。

だからと言って過度な借り過ぎには注意しましょう。

返済するだけで大変な事になりかねません。

必要な分だけ借りて、返せる時にはすぐ返す様にしていれば、安心して利用できそうです。

<<スポンサードリンク>>



テレビでもお馴染みの大手消費者金融機関の金利を調べてみた。

ある日突然、こういう経験した事ありませんか?

ふと、通帳の残高を見てみると、、、

え?残りこれだけ?

あ~ヤバイ!!
今月お金使いすぎたな~・・・

冠婚葬祭もあったし、友人の出産祝いもあった。。。

今月は何かと出費が多かったな・・・

ってか、

え???

給料日まで後何日?!

うわっ!!後10日以上もある・・・              

この残高じゃ、食費くらいしかないじゃん・・・

子供の学校に払うお金もあるし、塾代・・・

うわぁ・・・!!
光熱費の支払いもまだだった・・・
どうしよう。。。

全然足りない・・・
親にも友達にも貸してとは言えないし。。。

どうしよう・・・
どうしよう・・・
まじでどうしよう・・・

やばい・・・

どう考えてもお手上げだ。。。

こういった経験をしている方って、意外と多いんじゃないでしょうか・・・

そんな時、どうしますか??

昔とは違って、今はスマホの時代!

物凄く便利です!!

いつでも、どこでも、どんな時でも何でも簡単に調べられる。

助けてくれる所、お金を貸してくれる所を探す人が多いんじゃないでしょうか。

そのスマホで消費者金融を調べる方も多いと思います。

そこで、少しでも役に立てればと思い、よく見かける消費者金融を調べてみました。

テレビなどでも、よく見かける大手の消費者金融!↓

●プロミス         

●アコム

●アイフル

●レイク

●SMBCモビット

必ず1度は見た事、聞いた事がある社名だと思います。

同じ消費者金融でも、多少は違いがあります。

例えば、

●審査に必要な書類

●担保、保証人(現在は不要なところが殆ど)

●金利・利息

●上限額

●契約から融資までの時間

●在籍確認の仕方

●審査が通りやすいかどうか

消費者金融によって違いはありますが、審査の基準はいくつかあるみたいです。

その中の一部として、

●他の金融会社から借り入れがないかどうか。

●滞納した事がないかどうか。

●仕事をしているかどうか。

●勤続何年か。

●配偶者に借入がないか。

上記の様な事が調べられるみたいです。他にも審査の基準はたくさんあると思います。

条件を満たしていれば融資可能です。

今すぐお金が必要の時、出来るだけ早く貸してほしい時。融資までの時間が気になりますよね。

融資までにかかる時間↓↓

    審査時間   融資までのスピード    保証人・担保
   アイフル     最短30分     最短1時間     不要
   アコム     最短30分     最短1時間     不要
   プロミス     最短30分     最短1時間     不要
   レイク     最短30分     最短1時間も可能     不要
   SMBCモビット    10秒簡易審査     最短即日     不要

ほとんどの消費者金融が審査の基準かえ満たしていればその日で融資可能です。

ですが、もちろん、金融会社もボランティアではないので、返せる能力がない人には貸したりしません。

融資してくれる金額も人それぞれです。

5万円しか貸してもらえない人もいれば、最大上限額貸してもらえる人もいる。

その人の返済能力を考慮した上で決定するみたいです。

借りた金額によって月々の返済金額が異なります。

それプラス利息ですね。

30日間無利息キャンペーンをやっている所もあります。

やっぱり、お金を借りるにあたって気になるのは金利・利息です。

利息が高いと、返しても返してもなかなか減らない・・・

なんて事になりかねない。

出来るだけ金利が安い所がいい。

そう思うのは誰だって当たり前の事。

でも、金利が安ければ安い程、審査が難しいらしい。

金利とは・・・?

借りたお金を返す時に支払う利息の割合の事を金利といいます。金利は%で表示されます。

例えば、消費者金融を検索していると、

金利3.5~18%

などの表示があります。

ここでいう金利とはなんなんでしょうか。。。

基本的に金利は年率です。

お金を借りると、借り入れた金額にプラス利息を払わないといけないという事はご存知ですよね?
簡単にいえば、レンタルショップなどで利用したときに支払うレンタル料の様なものです。

例えば、金利17%だとしたら、借りた金額に対して17%の利息を支払う必要があるという事になります。

 

金利17%で100万円を借りた場合、1年後に支払う利息がこうなります。

100万円×17%=17万円

17万円を利息として支払わなければならないという事になります。

なので、1年後に完済した際には、

元金(借りた金額)+利息(17万)という事になり、トータル117万円払ったという事になります。

これはあくまでも、1年間で完済した場合の話しなので、返済期間が長くなれば長くなるほど増えていきます。

大手消費者金融機関の金利を比べてみました。

 

   消費者金融    金利(実質年率)    限度額
  アイフル 3.0%~18.0%(30日間無利息)    最大800万円
  アコム 3.0%~18.0%(30日間無利息)    最大800万円
  プロミス 4.5%~17.8%(30日間無利息)    最大500万円
  レイク 4.5%~18.0%(只今60日間無利息キャンペーン)    最大500万円
  SMBCモビット 3.0%~18.0%    最大800万円

金利は消費者金融によって様々です。

初回融資日から30日~60日の間、利息ゼロのキャンペーンをやっている所もあります。

限度額も様々。

契約者本人の返済能力によって上限が決定されます。

安定した収入があれば、学生、主婦(パート・アルバイト)などでも融資可能なところも今では多いです。

だからと言って安易に借りたりするのは危険です。

ギャンブルで使ってお金がなくなった・・・

遊ぶ金ほしさに借りた・・・

誰かに貢いだ・・・

などの理由で借りる人も多いみたいです。

最近ではカードさえあれば24時間いつでもコンビニでも融資可能になってます。

簡単に借りれてしまうので、ついつい・・・

なんて事もあるかも知れません。

本当に困った時に利用してください。

もし、融資を希望するのであれば、計画的に借りましょう。

融資金額が膨れ上がった。

返済できないから、他社でも契約して返済金を新たに借りる。

そういった人達を、何人も見てきてます。                 

人生狂わせない為にも、

ご利用は計画的に!!!

<<スポンサードリンク>>



キャッシングの基本についてまとめてみた!

1キャッシング

キャッシングとは、金融機関である銀行や消費者金融といったところが小口で個人を対象にして行っている短期的な融資のことを言います。消費者金融でのキャッシングも有名ですしそれだけでなく、銀行や信販会社などのキャッシングも有名です。またクレジットカードと言えば、ショッピング枠とキャッシング枠が設けられていると思うのですがこのキャッシング枠というのがキャッシングに利用できる限度額ということになります。銀行系もあれば信販系、そして消費者金融系の三つに分けることができますが、日本で今キャッシングを実施している会社というのは実は二万件以上もあるといわれているのです。

キャッシングを実施している会社が多いこともびっくりすることかもしれませんが、それだけキャッシングを利用したいと思っている人がいまの世の中では多いということになるのではないでしょうか。
キャッシングはとても手軽に利用できるということや保証人も必要がありませんし、急にお金が必要になったときなどにとても便利です。審査も手軽ですし、誰でも手軽に借りられるというメリットがあります。最近はキャッシングを利用するにあたって、わざわざ来店をしなくてもいい、インターネットからの借り入れも可能ですし、自動契約機や電話などでも利用可能なのでとても便利です。
インターネットを使ったキャッシングの場合には自分が指定した口座に振り込んでもらえるという手軽さが人気で利用者は増えています。

2キャッシングの方法

キャッシングの方法はそれぞれの金融機関によっても違っていますから確認する必要があります。一番昔から行われている方法としてはキャッシングで店頭で申し込みをするという方法があります。店頭での申込の際には店頭で申込書に必要事項を記入して、あとは信用情報機関に紹介されて融資可能ということであればすぐにキャッシュカードがその場でもらえますからすぐに融資を受けることが可能です。そして無人契約機で申し込む場合には、タッチパネルで融資申し込み手続きをするのですがその際に照合されて融資可能ということになればすぐにキャッシュカードが発行されます。そして近くにあるATMなどでキャッシングが可能です。契約書は後日郵送で送られてきますから返送します。

最近多いとされているキャッシングの申込の方法としてインターネットでの申込がありますが、これはインターネット上からそれぞれの融資を希望する会社のサイト上で申込フォームに手続きを入力していきます。そして審査が行われて審査の結果がメールや電話でありますから、あとは審査に通れば、指定した口座に振り込まれるという形になっていて、契約書はこちらも後日送られてきます。
電話での申し込みの場合も電話で必要事項を伝えて審査に通れば指定口座に振り込まれるという形になりますが、契約書は後から郵送になります。このようにキャッシングを受ける際の方法は色々とありますから、自分に合った方法を選んで申し込むといいでしょう。

3キャッシングの返済方法

キャッシングで利用したお金は返済しなければいけませんが申込の方法が色々とあったのと同じで、返済の方法にもいろいろな種類があります。たとえばキャッシングの返済方法にはどのような方法があるのでしょうか。一般的には金融機関によってもキャッシングの返済方法というのは違っています。一番多いのが口座引き落としをするというのが一番確実で手堅い方法とされているのですが、この他にも指定された口座への振り込みやATMへの振込、融資を受けた店舗へ実際に行って返済をするという方法があります。最近はキャッシングを実施している会社も色々と工夫をして利用した人が少しでも返済しやすい環境を考えたうえで実施しています。

例えばコンビニエンスストアで返済をするという方法や、現金書留で送付するという方法もありますし、提携している銀行のATMからの返済も可能になっていますから、キャッシングで借りたお金を返済場所が限られているために、なかなか返済するタイミングを逃してしまうというようなことがなくなっているのが現状です。
確実に返していきたいと思っている人は口座引き落としが一番ですが、すぐに返済をしたいと思っているような人の場合にはキャッシングの一括返済をして、窓口で返済をするという方法がいいと思います。自分の生活スタイルに合わせてキャッシングの返済方法は色々と選べるようになっているので借りるのも便利ですし、返済するのも便利になりました。

4キャッシングの取り立て

キャッシングは今はとても身近なものになっていて、とても手軽に借りられるようになりましたがそれでも借金であることには変わりはありません。借金を返さない人というのは取り立てに合うといわれていますが、キャッシングも取り立てはあります。数年前まではキャッシングで高金利や過剰な貸し付け、取り立てなどがかなり目立って報道されており、消費者金融や金融業者の悪の面を見たような気がしていました。多重債務者にとってはかなり過酷な取り立ても行われていました。
キャッシングをして返済することができなくなったために多重債務化してしまい、ひどい取り立てにあったので、そのまま自殺をしてしまったという人も後を絶たない状態になっていました。このことを防ぐために貸金業規制法と呼ばれる法律が整備されました。この法律が施行されたことで、多重債務になった人でも取り立てを過酷に行うということは禁止になっています。
しかしキャッシングで借りたお金を返さないという場合には過酷な取り立てはないにしても、取り立てはあります。たとえば、郵送ではがきなどが送られてきてとくそく通知が届くというケースもありますし、家や携帯に電話がかかってくるというケースもあります。また家や実家にまで電話がかかってきたり、家や職場に直接訪問しての取り立てもあります。場合によっては訴訟を起こして取り立てをするというケースもありますから、キャッシングだと思って甘く見てはいけません。

5キャッシングの利息

キャッシングの利息については、金融機関ごとに違っています。たとえば銀行などはキャッシングの利息が低めに設定されているのですが、消費者金融などの民間の会社の場合には高く利息が設定されています。それぞれの金融機関が決めているキャッシングの利息というのは、出資法という法律があるのですがこの法律によって定められていますが、現行法では最高の利息の利率というのは、29%といわれていますからかなり高めの利息であることがわかります。それぞれの金融機関ではこの29.2パーセントという利息の上限以上はキャッシングの利息として設けることができませんから、その範囲内で利息を設定しています。もしも、それ以上の利息でキャッシングをするというような場合には法律に違反しているので罰せられる対象になります。
キャッシングの利息というのは一般的には日割り計算です。借りたお金の総額と、どれくらい借りていたのかということによって利息は違ってきます。今の日本は低金利といわれているので利息も低いのでキャッシングを利用するという人は増えています。
バブル期前後の日本のキャッシングの利率は、今では考えられませんが、何と109%を超えている時もあるといわれていますからこれはかなり高かったことがわかります。キャッシングはそれでも他のローンなどに比べると金利は高いですから、利息の面から考えると少額を短期間で返済するのが一番いい利用方法といえるのではないでしょうか。

6キャッシング会社を選ぶ

キャッシング会社は今日本ではかなりの数がありますからどれを選べばいいのか正直わからない人が多いと思います。たくさんある中からキャッシング会社を選ぶ方法を紹介したいと思います。人それぞれ選び方はあると思いますがまず一つ目のとしては、大手の会社を選ぶようにします。初めてキャッシングを利用するという人の場合には認知度も高くてよく名前を聞くようなキャッシング会社を選びようにするのがポイントです。大手で名前が知られているところというのはやはりそれなりに安心して借りることができる確率が高いと言われています。

そしてキャッシング会社の選び方としては金利を見て選ぶという方法があります。金利はそれぞれのキャッシング会社ごとに違っていますから、少しでも金利が安い所を選んだほうがいいでしょう。金利の低さでいえば、消費者金融を選ぶよりも、銀行系のキャッシングの方が、安いことになっていますから比較してみましょう。

そしてキャッシング会社を審査の速さで選ぶという方法も一つあります。今はインターネットでの申し込みも可能でインターネットで申し込んだ場合にはかなりスピーディーに最短1時間以内にお金を融資してもらえますかから、急にお金が必要になってしまった場合などでキャッシング会社を選ぶ場合には、審査の速さで選ぶといいでしょう。そして返済方法で選ぶという方法もあります。それぞれのキャッシング会社によって返済方法が違っていますから自分が返済しやすいような会社を選びましょう。

7キャッシングの申し込みと情報

キャッシングの申し込みをする際に必要な情報といのは色々とあります。たとえば申込書やインターネットからの申込フォームなどに入力したり記入することがらというのはだいたい共通してどこのキャッシング会社でも同じです。申込の際には名前や住所、生年月日以外にもいろいろと書かなければいけないことがあります。たとえば勤務先がどこなのか、年収や勤続年数など様々なことを書かなくてはいけません。
そして他社からの借入に関しても記載する必要があります。これらを書く理由というのはキャッシングを貸しても返済がきちんと行われるかどうかを確認しているので、他社からどれくらいの借入があるのかどうかという点もチェックされますからこちらはごまかさずにきちんと申請しておくことが必要です。

キャッシング会社によって書かなければいけない情報というのは違っていると思いますが、借入をする人とキャッシングでお金を貸してくれる会社との信頼関係になる情報ですから真実だけを書くようにして、嘘を書かないようにしましょう。ここでごまかしてしまっても審査の際に信用機関で問い合わせをした場合に他社からの借入総額や過去の金融トラブルなどについての情報などはすぐに調べれば分かってしまいますから、正しいことを書くようにしましょう。
申し込みに必要な情報によっては審査に通らないこともありますから、必要事項を書く際には十分に気を付けて記入するようにしましょう。

8キャッシングの審査

キャッシングを利用する際には初回に審査があります。初めてキャッシング会社で申し込みをして融資を受ける際に必要な審査は、キャッシング会社によっても違っていますし、それぞれのキャッシング会社ごとに審査の基準や甘さなども違っています。キャッシングの審査を行う目的としては、貸したお金をきちんと返済できるのかという能力を見ます。キャッシングでお金を貸してもらったのに返済できなかったということにならないためにも審査が行われるのです。
キャッシングの審査は会社によっても大きく違っていますし基準なども違っています。一般的には、キャッシングを受ける際の審査が比較的厳しいのが銀行系のキャッシング会社で、消費者金融系の会社は審査が甘いと言われています。しかし審査が甘いといってもそれなりの基準はありますから、他社での借入があまりにも多いような場合には審査に通らないということはあります。

審査を行う際には申込書に書かれた必要事項を見たうえで信用調査機関に問い合わせをします。ここでは現在の他社からの借入総額や過去の金融トラブルなどについても問い合わせが可能でどの金融機関にも通じている機関です。この機関で調べられたことがそのまま審査に反映しますから少しでも審査に通りたいと思っている人はキャッシングを他社から借りているものを先に返済するなどきちんとした対応をするのが必要です。
キャッシングの審査にかかる時間は申し込み方法などにもよりますが、最短で10分ほどで完了するところもあると言われています。

9キャッシングの利息の計算

キャッシングの利息の計算方法についてですが、金利を計算する場合には単利と複利の二つがあります。単利というのは元金に対して利息がかかってくるという計算方法で、礼にして考えてみると一〇〇〇〇〇〇円借り入れた場合に利息が年利5%だった場合には1年で単純に計算してみると50000円の利息がかかることになります。単利の場合には、毎年利息の額というのは変化がないので、2年借りた場合でもまた50000円ということになります。しかし複利の場合の計算方法としては元金利息を足したものにさらに利息がかかってきますから、先ほどと同じ状況で100万円を借り入れた場合には1年目は5万円の金利が付きますが、2年目は1,050,000円に対してさらに5%ということになりますから、52000円という金利の計算になります。これがキャッシングでの利息の計算方法です。

最近はキャッシングの借入の前に利息を計算して結局いくら総額で返済しなければいけないのかということを知るための方法としてシュミレーションを実施しているところなどもあります。シュミレーションでは借入総額と、金利を入力するだけで計算が手軽にできますから便利です。
自分で借入をする前にあらかじめキャッシングの利息を計算しておくということできちんと自分で返済していけるのかどうかということがわかると思いますからお勧めです。キャッシングでは無理のない返済計画を立てることがポイントになってきますから計算は必要です。

10キャッシングの悪徳業者

キャッシングを利用する際に注意しなければいけないのが、どこの会社でも良心的な会社ばかりではないということです。中には悪徳業者もあります。お金を借りたいと思っている人の弱みにつけこんで、悪質な方法でキャッシングを利用させて法外な返済額を請求してくるというような場合があります。悪徳業者に引っかからないためにもきちんと見極めて借入をすることがポイントです。

まず紹介者と呼ばれるキャッシングの悪徳業者がいます。申し込んだ人に対して自分のところでは融資ができないけど、他の業者を紹介するといって結局高い仲介料を取るという方法の悪徳業者です。他にも買取屋といって、クレジットカードについているキャッシング枠がいっぱいなのでショッピング枠を買い取ってさらに利息を付けてキャッシングをさせるとう会社もあります。

090金融というようなキャッシング会社を聞いたことがあるという人もいると思います。よく電信柱などに広告が貼られていることが多いので見たことがあるという人もいると思いますが、090と言えば携帯電話の番号です。携帯電話の番号だけでお金を貸すというものです。これは闇金の類と考えられていますから利息がとても高金利で一度借りると返済が不可能とも言われているので十分に注意しましょう。キャッシングを利用する際には自分で悪徳業者ではないことを確認したうえできちんと確かめて借入をしなければ返済できなくなり大変なことになってしまいます。

11キャッシングの返済方式

キャッシングの返済方式については色々とあります。返済方式によって金利の計算の方法が違ってきたり、毎月の返済の金額や返済する回数なども違ってきます。ですからキャッシングを利用するという場合には、返済方式についてよく理解したうえで借入をしなければいけません。
キャッシングの返済方式の一つとしてリボルビング方式がまずあります。この方オフは毎月の返済額が一定になっているという返済方法です。たとえば一〇〇〇〇〇〇円借入をしたとしても借入に関して支払回数が増えるという方法ではなくて、毎月の一定金額を出して、それを借入総額で割ることで支払回数が決まるという方法です。

キャッシングの返済方式の二つ目の方法としては、元金均等方式という方法があります。これは借入を返済回数で平均して割ったものと、利子を足した金額を毎月の返済額として返済していくという方法になります。利子というのは返済の残っている残高によって違ってきますから、返済をスタートさせた頃は返済額は多いですが、支払回数が経過すれば毎月かかってくる利子がどんどん減っていくのが特徴です。
そして最後のキャッシングの返済方式としては、元利均等方式があります。この元利均等方式というのは、毎月返済金額を決めてその金額の元金と利子を変更して返していくという方法です。毎月の返済額が常に一定であることはメリットになりますが、返済をスタートされたこところの利子が占める割合が多いので元金が減りにくい特徴があります。

12キャッシングとローン

キャッシングとローンの違いは何でしょうか?キャッシングとローンの違いというのは同じだと思っている人もいるかもしれませんが、ショッピングローンといわれるローンとキャッシングは違っています。ショッピングの際に利用するショッピングローンというのは、低金利なのが一番の特徴です。そして審査は比較的厳しいのですぐに審査に通るということがない場合が多いです。そして限度額についても何十万円と、個人によって違っていますがそれほど高くないことも特徴です。
ではそれに対してのキャッシングの特徴としては金利は高めなのが特徴で出資法ギリギリの金利での借入ということになります。そして審査基準についてはショッピングローンに比べるとかなり甘いことがわかります。審査が甘いので手軽に誰でも比較的借入をすることが出来るという特徴があります。そして限度額についてはショッピングが数十万円に対して、何百万円単位での借入が可能になってきます。

このようにショッピングもキャッシングもよく似ていると思っている人はいるのですが、どちらも特徴が違っています。ショッピングローンはまた何か物や食べる、泊まるなど使う目的が限られてくるのに対して、キャッシングの場合には使い道がなんにでも使えるという特徴がありますから、現金が必要な場合にはキャッシングを利用するという方が便利で利用者が多い理由はそこにあると思います。キャッシングとショッピングローンは根本的に違った金融商品です。

13キャッシングと与信システム

キャッシングの与信システムというのはそれぞれ審査にかかわってくることになるのですが、キャッシングを利用するのかクレジットカードを利用するのか迷う人がいて、クレジットカードを作れたのにキャッシングが利用できなかったりその反対のことがあったり色々です。クレジットカード会社の場合にはポイント制にして余震を行っているのですがこれは点数を満点からどんどん引いていくという方法になります。職業によって点数が違っているのですが、公務員が4点に対して自営業は1点です。勤続年数が5年以上という人の場合には3点になりますが1年たっていない場合には加点されません。こうしてどんどんポイントを足していって、最終的にでた数が基準の点数以上になっているという場合には融資がしてもらえる、そして限度額がどれくらいになるのかということが決まってきます。

それに対してキャッシング会社の場合の与信のシステムというのはどのようになっているのかというと、点数では決めません。過去のデータをもとにして決めるのですがたとえば過去の金融利用状況や返済状況、それをもとにしてこれからの利用に関して予測を立てていくという方法になります。計画性がないというような人の場合にはそれで終了してしまいますから、キャッシング審査はポイント制ではないのでしっかりと返済さえして信頼をなくさなければ誰でも審査に通る可能性は高いということになります。

14キャッシングと信用情報機関

キャッシングを利用する際に信用情報機関への問い合わせが行われます。これは審査の段階で行われるのですが、この信用情報機関に問い合わせて審査が行われます。信用情報機関にある情報のことをブラックリストと呼んだりしていますが、実際にはこのブラックリストというのはありません。ブラックリストに載るというのは過去に借入があって返済できなかったとか滞納した、金融トラブルを起こしたなどの情報がすべてわかるようになっているのです。このデータをもとにしてキャッシングの審査が行われています。ブラックリストに載る載らないということはよく聞かれますが、信用情報機関への問い合わせということになります。他社借入をしているかという欄は申し込みをする場合にあると思いますがここでももしも嘘をついたとしてもすぐにばれてしまいますから信用情報機関に問い合わせればわかることです。

嘘をついていたことはキャッシング会社との信頼関係もなくなってしまいますし、やはり信頼関係をもとにしてキャッシングは利用しているわけですから嘘を書かないように注意しましょう。
信用情報機関に登録される情報というのは、本人の個人情報、借入に関わる過去の状況、消費者金融でのトラブルや、照会状況なども管理されています。1度に照会が何度も行われているということはここ数日で手当たり次第キャッシングを申し込みしているということにもつながりますので手当たり次第審査を受けるのも注意です。

15キャッシングの明細書

キャッシングを利用した際には必ず明細書がもらえます。この明細書は色々と必要な情報が掲載されていますからレシートのように安易に扱うのではなくて、きちんと扱いましょう。明細書で見るべき点は色々とあります。まずは次回の返済日については 書かれていますから、返済美の確認をしておきましょう。キャッシングで一番大切なこととも言えるのが返済日についてです。やはり返済日をきちんと守ったうえで少しずつでも返済をしておかなければブラックリストにその状況が載ってしまいます。キャッシングを利用する際に返済日を守れるかどうかによってこれからの借り入れというのが決まりますので明細書で確認しておきましょう。
そしてキャッシングの明細書では利用可能額についても記載されています。借入があったとしても、まだ借入限度額に達していない場合には利用可能額が書かれています。お知らも合わせてチェックをしておいた方がいいと思います。
キャッシングの明細書というのは毎回キャッシングを利用した際にでてきますし、返済をした際にももらえます。この明細書はそのまま捨ててしまうと個人情報でもありますから取扱いには注意しましょう。返済をしているという事実や借入をしているという事実などにもつながりますから、レシートのように捨てるのではなくてきちんと捨てる場合にはシュレッダーをかけた方がいいですし、万が一のことも考えてしばらくは保管しておくのがいいでしょう。

16キャッシングと保険証

キャッシングの際には本人確認のための書類が必要になりますが実は審査に通りやすい書類、通りにくい書類というのがあると言われています。本人確認の書類というのは色々とあり何でもいいので、一般的には免許証を出すという人やパスポートの人など色々といると思います。しかし本人確認の書類で注意しないといけないことがありますがそれは健康保険証についてです。健康保険証は仕事の種類によっていろいろな種類があり、公務員の人の場合には公務員共済健康保険証がありますし、サラリーマンや一般の会社員の場合には社会健康保険証ということになりますし、組合に入っているという会社の場合には組合健康保険証になると思います。
では何を気をつけなければいけないのかというと、健康保険証を見せればその人の会社の大きさや収入についてがわかります。健康保険証が審査に影響を与えるということもありますから注意しましょう。有利になると言えばやはり公務員共済健康保険証ですし、逆に不利になってしまうのが国民健康保険証です。国民健康保険証は自営業や会社員以外のその他の人が持っているものなので審査には影響を与えないどころかどちらかと言えばふりに働くと言われています。
公務員健康保険証、組合健康保険証、社会健康保険証などは仕事が安定していることを証明できますから有利になりますが、国民健康保険証の場合には有利にもなりませんしどちらかというと不利になる可能性が高いでしょう。

17キャッシングと自己破産

キャッシングで自己破産をしている人は実は今とても増えています。自己破産というのは、返済ができなくなってしまって破産宣告をするという人のことをいいます。キャッシング会社が一番恐れていることとしては自己破産をされることといわれています。自己破産をされてしまうと融資していた金額を取り戻すことができませんから、困るわけです。自己破産するような人とうのはだいたい過去のデータを見ればわかると言われています。計画性のないお金の借り方をしている人や過去にも滞納や延滞を繰り返してきた人、他社からの借入が多いという人などは自己破産になりやすいケースにつながります。
キャッシング会社も借入の申込があった場合には将来的に自己破産にならないような人にしかお金を貸しません。それがキャッシングの申し込みの際に行われる審査ということになりますね。キャッシングの審査に通る通らないかはきちんと返済ができるかできないかにかかわってきます。これから審査に通りたいと思っている人は他者からの借入がないか、過去に滞納をしていないかなど色々なことを確認しなければいけません。キャッシングをきちんと利用したいと思っている人は多重債務にならないように計画性をもって借入なければあちこちに返済額が膨れ上がって自己破産をしてしまうということにもつながりますから、とにかく注意するようにしましょう。
今キャッシングのしすぎで自己破産に陥っている人は多いのが現状です。

18キャッシングと任意整理

キャッシングで返済できなくなった場合には自己破産になるというケースがあるといいましたが、その前の段階として任意整理という段階もあります。これは裁判所を利用せずに、キャッシングをした人と会社との間で話をつけて、毎月の返済額を減らしてもらうとか金利や延滞損害金を減らしてもらったり免除してもらったりするという措置です。これが任意整理ということになりますがキャッシングで借入をしたけど返済に苦しくなった場合の措置的なことと考えてもいいと思います。
弁護士に頼んで任意整理をするという場合もありますしキャッシングを借り入れた人が自分で行うというケースもあるのですがスムーズに任意整理をしたいと思っているのであれば、弁護士に依頼した方がいいでそう。弁護士に依頼した場合にはお金がかかってしまいますがそれでも話し合いがスムーズに進むのでそちらの方がいいかもしれません。
キャッシングで任意整理をするという場合には何から始めればいいのかというと現在のキャッシングの取り引きについてすべて書き出すというのがいいでしょう。明細書があればすぐに一覧にすることができますがなかなか把握が難しいのがキャッシングの特徴です。
キャッシングの任意整理をすることはキャッシング会社側にとっては不利になるとは言え、自己破産をされてお金が1円も戻ってこないことに比べればまだましだということもあり比較的に消費者金融などは任意整理に応じる可能性が高いでしょう。

19キャッシングの過払い請求

キャッシングで今過払い請求ができるということをご存知でしょうか?キャッシングは一般的に銀行や消費者金融など色々な場所からの融資がありますが、実は出資法に基づいた上での金利と利息制限法に基づいた上での金利には差があります。キャッシングなどでは実際には利息制限法の金利での借り入れが正常の借り入れとされているのですが、実際に消費者金融では出資法に基づいた29.2パーセントの上限金利での貸付を行っているところが多いと言われています。この出資法と利息制限法の間の金利をグレーゾーン金利といっていますが、このグレーゾン金利というのは払いすぎた利息ということで知られているのです。ですから過払いをしていたことになりますから、過払い金を返還してもらうことが可能なのです。
キャッシングで過去に長期的に支払ってきた人が過払い金請求をしてみるとお金が戻ったりするというケースはとても多く今ある借金の残高が減るだけでなく、なくなる人もいますし場合によってはプラスになって戻ってくるというような人もいます。キャッシング会社にとっては返金しなければいけませんから大変ですが、今まで高金利に苦しめられた人にとってはプラスになることなのです。
キャッシングの過払い請求をする場合には自分で交渉するのはなかなか難しいので弁護士に相談をしたり行政書士に相談をするということになります。利息制限法による計算をし直したうえで業者と交渉をすることになります。

20キャッシングと特定調停

キャッシングの特定調停については2000年に特定調停法という法律が施行されました。これによって申し立ての件数が増えたのですがこれはキャッシングで多重債務をしている人が自己破産をしなくてもいい方法として任意整理と同じような感覚で利用できる制度です。特定調停は、キャッシングなどで借入をしたお金の返済ができなくなってしまった人に簡易裁判所が間に入ってくれた上で利用している人と会社との間に入って話し合いをつけてくれるという方法です。利息を減らしたり返済する条件を考えたりするのですが裁判所が入るからといってプロに頼む必要もありませんし、お金も必要というわけではありません。平日に裁判所にいける人なら利用するメリットはたくさんあるのではないでしょうか。
キャッシングの特定調停をする際のメリットとしては、出資法の金利から利息制限法の金利に計算をし直してもらえますし強制執行の停止が可能です。プラスして会社とのこれらの話し合いなどはすべて調停委員の人がやってくれますから、同じ交渉にあたる任意整理に比べるとスムーズに話が進むのではないでしょうか。
しかしこのキャッシングの特定調停でもデメリットはあります。デメリットとしては、特定調停をしてから最長で5年、ほとんどの人が3年で完済しなければいけないことになりますから、あまりにも借入れ額が多いという人の場合にはこの方法は使えないということになるのがデメリットですから自分ができるか調べてみるといいでしょう。

21キャッシングの多重債務

キャッシングで多重債務という言葉を聞くという人もいるかもしれませんがキャッシングの際の多重債務というのは何かというと、これは複数の会社からのキャッシングの借入をしている状態のことを言います。キャッシングが1か所ならその会社のみに返済をすればいいのでそれほど返済に困るということはないのかもしれません。しかしキャッシング会社複数から借入をしているという人の場合には返済をするのが大変になってきます。実際に複数のキャッシング会社から借入をしたために返済ができなくなった多重債務者の人というのは今とても増えているといわれています。

返済をそれぞれの場所に毎月行うのですが複数から借入をしていればそれだけ金利も複数にかかってきます。同じ一〇〇〇〇〇〇円を借りている場合でも1か所で5%の金利がかかっているという場合には1年で五〇〇〇〇円だけの金利で済みますが、3か所から二五〇〇〇〇円ずつ借入をしていて、それぞれに5%かかっているということは結局は20%の金利がかかってきているということになりますから、その差は15%も上乗せされているということになります。
キャッシングでの多重債務に一度陥ってしまうとなかなかそこから完済をするということは難しいと言われています。ですから多重債務にならないためにもキャッシングを利用する際にはよく考えたうえで利用するというのが一番なのです。キャッシングの多重債務者が自己破産する例は今とても増えています。

22キャッシングの個人再生

キャッシングの多重債務者を救済する手続きとしては自己破産や任意整理、特定調停といったものがあり今まで紹介してきたと思いますが、それと別に個人債務者再生手続きというものがあります。個人債務者再生手続きというのは何かというと、民事再生手続きという法律ができ会社の再生に関する法律ができましたが、それを個人を対象にしたものだと思っていただけるとわかりやすいと思います。たとえばキャッシングd多重債務をしてしまった場合には、10000万円も総額借金が残っているという場合に、300万円を3年で返す再生計画を立てた場合にその計画が裁判所から認定されればその通りに返済しておけば残りのキャッシングの債務の700万円は返済しなくてもいいということになります。任意整理や特定調停よりもメリットは大きく自己破産よりは返済の責任があるという方法になります。

このキャッシングの個人債務者再生手続きを利用できる人は安定した職業についているということが条件になります。また、自己破産をすると仕事につけない職業もあったり、家をとられたりしてしまうということになりますがこの再生手続きの場合には住宅ローンを組んでいる人も繰り延べ可能ですから、そのまま住宅を取り上げることなく家に住んでいることができるというメリットがあります。
しかしこの手続きは一人で再生計画を立てるというのは大変ですから自分ではできません。弁護士に依頼するのが一般的です。

23キャッシングで審査が甘い
キャッシングを利用する際には少しでも審査が甘いところで利用したいと思っている人は多かったと思います。キャッシング会社は色々とありますが、もちろん審査が甘い会社も色々とあります。審査が甘いキャッシング会社の目安としては、かい離れ件数が3社以内の人で、金額も返済可能な範囲なら、銀行系の少し審査が厳しいとされているような会社でも審査に通るといわれています。銀行系のキャッシング会社というのは、金利は低く設定されていますから金利を少しでも低くしたいという人にはおすすめです。もしも現在のキャッシングなどの借入が4社以上になっているという人の場合には銀行系のキャッシング会社の審査は通らないと思った方がいいと思います。
具体的にキャッシングの審査が甘いと言われている会社はどこなのか紹介したいと思います。消費者金融のラビットやスタッフィなどが人気で審査が低いことで知られています。
大手のキャッシング会社で審査が舞ところを選びたいと思っている人の場合にはモビットやアコムがお勧めですがアットローンやキャッシュワンなども比較的甘いとは言われているのですが、ラビットとアコムの方が審査に通る可能性は高いと言われています。
ちなみに審査が甘いキャッシングについて調べる場合には、口コミなども参考にしてみるといいかも知れません。実際に審査をした人の話などを聞いてみて審査の通りやすさなどを比較してみるという方法も便利です。

24初めてのキャッシング

初めてこれからキャッシングを利用する人にとって利用しやすいキャッシング会社を紹介したいと思います。初めてキャッシングを利用するのですから審査に通らないことはほとんどありませんから、審査の基準や甘さなどで選ぶのではなくてもっと他の方法で比較して選ぶことがポイントになります。たとえば初めてキャッシングを利用する人の場合には金利が低い所を選んだり、自分が毎月返済していきやすいような場所を選ぶというのがお勧めです。また借入がスムーズなところなども便利です。

初めてキャッシングをする人が利用するならどちらかというと大手の金融会社系のキャッシング会社が安心です。サポート体制も整っていますし、認知度も高くて信頼できるのではないでしょうか。たとえば銀行系のキャッシング会社のアットローンやキャッシュワンなどもその一つですしCMなどでも知られているアコムも大手のキャッシング会社なので信頼できる会社だと思います。
キャッシングが初めての人は気をつけなければいけないのがせっかく今まで金融トラブルなどがない状態できていたのですから、ここでキャッシングを利用することで返済を滞納してしまったりすると返済できなくなってしまいますから、その場合には今後キャッシングが利用できなくなってしまうと思います。ですからキャッシングをこれから利用したいと思っている人の場合にはきちんと返済できる額なのかどうかを考えたうえで利用するようにしましょう。

25キャッシングの審査時間

キャッシングの審査時間というのはそれぞれの会社によっても大きく違っています。のんびり余裕あるキャッシングの利用を考えている人ならそれほど急がないと思いますが、キャッシングを利用してすぐにでも現金が欲しいという場合には少しでも審査にかかる時間が短い所を選びたいと思っている人も多いでしょう。たとえば誰かのお葬式に急に出ることになったけどお金が足りないとか、お金が急に現金で必要になるという場合も色々とあると思います。キャッシングでお金がすぐに必要な場合にはやはり審査にかかる時間は短い方がいいのです。

今はインターネットからもキャッシングの申込ができるというところが増えていますがその際自動審査をしているところなどでは何と最短で1分でキャッシングの融資可能かどうかを審査してくれるというところもあります。これなら待つ時間も1分以内、そして場合によっては5秒で即答してくれるところもあるのでこれはかなり時間短縮につながりますね。
具体的にキャッシングで審査時間が短い所を紹介したいと思いますがDCキャッシュワンについては審査時間は3秒です。しかもお試し審査もありますから、本審査に通す前に仮の審査を受けて可能かどうかを知ることができます。また借入限度額も知ることができるので便利です。
他にもアットローンも審査時間が5秒でお試し審査もありますし、スタッフィも審査時間は10秒でお試し審査がありますから便利です。少しでも審査時間を短縮したいという人の場合には審査の時間が短い所を選ぶといいでしょう。

26キャッシングの即日キャッシング
キャッシングの中には即日キャッシングを行っているところもあります。即日キャッシングというのは申し込んだその日のうちに融資をしてくれるというものですから、今日この日にお金が必要であるという場合にはとても便利ではないでしょうか。即日キャッシングをしているキャッシング会社は色々とあります。

申し込んでから審査に通ればすぐに振り込んでもらえるのでスムーズに現金を手にすることができるのです。
お金が急に必要になるということはよくあることだと思いますがそんなときにも困らなくていいのが即日キャッシング対応会社です。たとえば具体的にはどこが即日キャッシングに対応しているのかというと、初心者にとっても安心して借入をすることができることで知られているアコムがまず一つありますね。こちらは即日キャッシング可能で平日14時までに審査が終わればその日10に振り込んでもらえます。そしてプロミスも即日キャッシングが可能です。インターネット上で借りられるかどうかを試すこともできますから、利用前に試しておくと便利です。そしてスタッフィも即日キャッシング可能です。フリーターなどでも審査に通りやすいことでも知られていますし審査の基準が低めで即日キャッシングというのはうれしいですよね。
今日すぐにお金が必要であるという人は即日キャッシングしてもらえる会社を選ぶようにして、そのうえで審査の基準や金利なども比較して選ぶといいでしょう。

27キャッシングのグレーゾーン金利

キャッシングを利用しようと思って色々と情報収集をしている人の中には、グレーゾーン金利という言葉を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。グレーソーン金利というのは2006年に決められた貸金業規制法や出資法などに関してグレーゾーン金利に関わる法律についても改正されました。出資法と利息制限法との利息の上限の差となっている部分がグレーゾーン金利と呼ばれる部分です。今多くのキャッシング会社などではこのグレーゾーン金利での貸付が行われていることが一般的です。しかし2009年の11月までに出資法の金利が利息制限法の金利まで下がるとも言われていますから、現在キャッシング会社の多くが29.2%での貸付を行っていますが18%以下になることが予想されています。
キャッシングを利用する際にはこのグレーゾーン金利で借りるという人も多いと思いますが最近はすでにグレーゾーン金利が廃止されることも決まっていますから、キャッシングのオリックスローン以外はほとんど同じグレーゾーン金利ぎりぎりで貸し付けを行っています。少しでも金利を安くしたいと思っている人の場合にはグレーゾーン金利以下のキャッシング会社を選ぶというのがポイントです。たとえばオリックスVIPローンの場合には実質年率の上限が15%ですからグレーゾーン金利ではありません。
キャッシング会社を選ぶ際には金利についてもよく理解したうえで借入をするようにしましょう。

28キャッシングの金利無料

キャッシング会社の中には一定の期間において金利がかからないという会社があります。これはキャッシング会社がかなり利用者のためを考えていることがうかがえるのですが、たとえば1週間は無利息であったり、1ヶ月間は無利息であるというようなキャッシング会社です。無利息でお金を借りられるなんてとてもうれしいことですよね。
例えば急にお金が必要になった場合などに、夜間などの時間外に銀行でお金を引き出してしまうと手数料がかかってしまいます。数百円ではありますが手数料がかかってしまいますよね。でももし無利息のキャッシング会社を利用したらどうでしょうか。それが金曜日の夜だったとして、1週間無利息のキャッシングを利用します。そして月曜日の昼間に銀行で手数料がかからない間に引き出してキャッシングで借りたお金を返済すれば、無利子でお金を借りられたことになり、手数料も必要がないのでとても賢くキャッシングを利用したことになると思います。
キャッシングで金利がかからないという場合は、1度だけとか初回だけといったように制限があるところもあるのですが、中には、きちんと完済すればまた金利が無料になるというところもありますから、賢く使えば無料でお金を借りれることになるのでお勧めです。
例えばどんなキャッシング会社が無利息でお金を借りることができるのかというと、ノーローンがまず一つあげられます。ノーローンは初回と完済した翌月は1週間無利息になります。

29キャッシングのシュミレーション

キャッシングをこれから利用する人にとってお勧めなのがシュミレーションです。お金を借りたいけど実際にどれくらい借り入れると、どれくらいの返済期間で、どれくらい総額返済していくことになるのかなどを計算することができるというのがキャッシングのシュミレーションです。あらかじめシュミレーションを使ってキャッシング利用前に確認しておくことで、返済計画についてもきちんと把握できるのでとても便利です。
キャッシングのシュミレーションを実施しているサイトは色々とあり、それぞれのキャッシング会社のホームページ上などでも確認できるというケースも多いですが、個人のサイトやキャッシング比較サイトなどでも、シュミレーションを行うことはできますから利用前に一度試してみるといいのではないでしょうか。
キャッシングのシュミレーションには他にもお試し審査というものもあります。これはキャッシングを利用したいけど実際の今の状況の自分が審査に通るかどうか不安だという人が利用前に審査に通るかどうかを試すことができるというものです。名前などは無記名で試すことができますが年収や他社からどれくらい借り入れているのかなどは入力します。そして実際に申し込む前に審査に通るのかどうかを試すことができるのです。
もしもキャッシングの審査に通らなかった場合には個人信用機関に記録されますし、通っても通らなくても記録されますからその心配がないのもメリットです。

30キャッシングの注意点

キャッシングを利用する際の注意点についてですが、キャッシングはとても便利でお金に困ったときや現金がすぐにでも欲しいというときにはとても便利です。しかし便利なだけではなく返済していかなくてはいけませんからよく考えて利用しなければ後で大変なことになる可能性もあるのです。たとえばキャッシングを利用する際に融資の条件があまりにも良すぎるというケースがあります。たとえば金利が極端に低かったり、審査がとても甘かったり、他の金融会社に比べて極端に条件がいい場合には注意した方がいいでしょう。
キャッシング会社というのは貸金業者登録を行っているかどうかを見たうえで決めましょう。登録をしていないところは闇金である可能性も高いのです。そして連絡先などもホームページ上でしっかりと掲載しているかどうかも確認してみましょう。場合によっては携帯電話の番号になっているということもあり、この場合は闇金の可能性もありますから注意が必要です。
そして借入をすると決めたキャッシング会社の契約書は必ず読むようにしましょう。中には契約内容がしっかりと明確になっていない場合もあるので注意が必要です。契約書は必ず大切に保管しておくということも重要なことです。万が一契約書が内容なキャッシング業者の場合にはあとあとトラブルにもつながると思いますから十分に注意をした方がいいでしょう。
キャッシングはとても便利ではありますが便利ゆえに注意すべき点を忘れてしまうことが多いので気をつけましょう。

知らないと損する借り入れの賢く利用する知恵

長い人生の中で非常に面倒臭いことが冠婚葬祭などの突然の支出に追込まれる時です。

ずっと前より予算組みしていた事柄ならば予算確保もできます。

しかし、ある時俄かに身に迫って来た問題になかなかやりくりしにくくなります。そんな状況にはやっぱり借り入れに頼るしかないでしょう。

金利の支払いの設定が低めと言うことは、同額のローン費用を借入れし同一のローン内容で返済した場合は明白にトクをすると言う事です。

各ローン企業の金利情報をあてもなく読み過ごすだけではなく、借入れ金の額を大きく変える大事なものだと言う意識で比較する必要があるのです。

万が一金融会社へ返済するのが延滞してしまった場合には会社からの確認や支払要請の連絡がきます。このような状況が幾度も続くことにより今後の利用がが止められます。

ほんの凡ミスだと考えていても、暮らしを左右する事態になります。借入れ金利に関しての特別キャンペーンが多くある事も、貸金業者が持つ大きなポイントといえます。

決められた条件を通過することにより期間の限定付で利息0となる特別なキャンペーン等々、お得なサービスを用意して各社が競っているのです。

そんな企画を見逃さずに使って行きたいものです。毎日の生活においては予測できない緊急事態が発生してしまった際には、やはりあわててしてしまいますよね。

このような金銭問題を早く解決させる為にも、やはり迅速な借入れが出来るキャッシングはとても有効な手だてと言えるでしょう。

少しでもおトクな賢く選ぶ事ができるかが危機解決させる為のヒントとなっていきます。